冷えは足元から改善

33歳、自営業です。
高校生くらいまでは、靴下を履くのが嫌いで、家に帰るとまずすることが靴下を脱ぐことでした。

大学生になると、通学の際パンプスを履くことが多くなり、当時は素足にパンプスを履いたり、夏は素足でサンダルを履いたりと
ほとんど靴下を履かない生活をしていました。

そんな生活を続けていると、大学3年生、20歳を過ぎたあたりからどうも寒さに耐えられなくなってきたように感じ始めました。
手足が一度冷えるとなかなか体温が戻らず、全身ガタガタと震え、最後には体の冷えとともに頻尿気味になりました。

冷え症でしたいおしゃれができない!重ね着で雪だるま状態に

大学生のときは若かったのでそんな体の変化をあまり気にしていませんでした。
大学を卒業してもなお、相変わらず素足生活をしていましたが、数年して東北地方の実家に帰ることになり、
雪国での生活が始まりました。

雪国ですので、さすがに関東のように冬に裸足パンプスということはなくなりましたが、ブーツを履いていてもやたらと足のつま先が
冷えるようになったと感じました。

冬の寒さに耐えられない!と実感したのが25歳くらいだったと思います。
職場では足だけ入れるヒーターを机の下に置き、デスクワークを行っていました。
外を歩くときはズボン1枚だけでは寒いので常にタイツと2枚履き、しかもタイツの上に靴下を重ね履きをしていました。
足だけなく、首元も出せないようになってきました。首元の開いた服を着ることができなくなり、冷たい風が吹き始める10月には
もうストールなどを巻かないと外を歩けなくなりました。
もちろん手の指先も冷えるので、雪が降ると手袋なしでは外にでることができません。

冬の私は重ね着で雪だるま状態です。
おしゃれも何もあったものではありません。
パンツの裾をロールアップしてハイヒールを履く、そんなコーディネートはできなくなりました。

夜、寝るときも冷え症が大敵です。 お風呂を出てからテレビを見たり、何か作業をしたりしてから数時間後に布団に入ろうものなら
すでに冷え切った体が布団を被っていても暖まれず、ガタガタ震えて寝られなくなってしまいます。
だから冬場は寝る直前にお風呂に入って髪を乾かしたらすぐに布団へ直行しなければなりませんので、時間はいつも夜遅くなってしまいます。
お風呂上がりにビールを1杯!なんてことをしてしまうと、体が冷えるのみならず、必ず夜中にトイレに行かなければなりません。

5本指ソックスを毎日はき冷え症が少し改善されてきた

おそらくこの冷え症の原因は、私の体の新陳代謝の悪さにあるのではないかと思っています。
幼少期から運動が嫌いで、あまり体を動かしこなかったため、たまにちょっと運動をしても汗をかかないのです。
しかも30歳まではタバコを吸っていましたので、血の巡りの悪さに拍車をかけていたのではないでしょうか。

30歳を過ぎてから、お店でかわいい柄のものを見て5本指靴下に興味をもちました。
最初はおもしろ半分に3足セットを買ってきて普通の靴下と交代で使用していましたが、だんだんとクセになり
普通の靴下を履く方が気持ち悪いと感じるようになりました。

5本指靴下を使用し始めた最初の冬のことです。
だんだんと寒くなり雪が降ってきましたが、ズボン1枚でも普通に過ごせることに気づきました。
私の持論ですが、5本指靴下は冷え性にとっても良い!という結論に。

もう3年ほど5本指靴下を愛用していますが、20代の頃よりも冷えを感じにくくなっています。
何に関しても飽きっぽい私は、冷え症に効く食べ物を続けて食べるとか、サプリメントを毎日飲むとかと
いうことが苦手です。

しかし、毎日仕事で外に出る必要があり、靴を履く必要があるので、5本指靴下は何も意識しなくても毎日履くことできます。
おしゃれか、と言われると見て笑われることの方が多いですが、足の先が冷えて辛いという人には是非1度試してほしいです。